2017年3月2日木曜日

フリーライターで月10万稼ぐために絶対に必要な条件とは?

何も考えず仕事をしてしまうと月2万円ほどしか稼げません


ライターの仕事にはコツがあります


フリーライターでインターネットで仕事を始めた人は、多くの人たちが全く稼げないと感じていると思いますが、フリーライターの仕事にはある程度コツが必要となってきます。


普通に働いていると月2万円ぐらいの収入にしかならない場合が多く、ほとんど途中で脱落してしまう人たちが目立っています。

多くのフリーライターはクラウドソーシングのサービスを利用して仕事をしていると思いますが、クラウドソーシングの単価は非常に安く500文字ぐらい書いて120円ほどにしかなりません。

これでは月10万円ほど稼ぐためには恐ろしい仕事量をこなさないといけないことになります。本業で出来る人ならば十分可能だと思いますが、副業でライターの仕事を考えてる人にとってはほとんど不可能な数字となってきます。

私も3年ほど前にクラウドソーシングで仕事を始めましたがそ、の当時は初月が5000円ほどしか稼ぐことが出来ませんでした。5000円ぐらいの仕事をしても本当に長時間の仕事となっていましたので、非常に疲れがたまりこれ以上稼ぐことは絶対に無理だと半ば諦めていたのです。

しかしあることがきっかけで私の収入は軒並みにアップしてきました。現在はそれほど仕事をこなせていませんので、月に3万円ほどしか稼いでいませんが、その当時は月15万円ほど稼ぐことが出来ていました。

その月10万以上稼ぐために私が行った事を皆さんとシェアしたいと考えています。是非今後のライター活動の参考になさって欲しいと思います。

収入をアップさせるためには単価をアップさせる必要がある


誰でも算数が出来るとわかると思いますが、収入をアップさせるためには当然1文字数の単価を上げないといけません。クラウドソーシングならば一文字0.3円ぐらいの相場となっています。

仕事にもよりますが、一文字が0.2円ぐらいの仕事もたくさんあり、簡単な仕事を選択してしまった場合にはほとんどお金になることはありません。これではいくら仕事をしても10万円の収入を稼ぐことはほとんど無謀です。

文字単価が高い仕事というものは専門的な知識やスキルが必要だと思ってる人も多いと思いますが、きちんとした誰でも理解出来るわかりやすい日本語で文章を書けば、ほとんど承認される場合が多くなります。単価が高い仕事だからといって自分には出来ないと諦めてしまうことはよくありません。

まずはクラウドソーシングで文字単価が0.4円以上の仕事を探すようにしてください。そうすれば毎月の収入が格段と上昇していくことは確実です。初めのうちはそんな仕事出来ないと考えてしまいがちですが、仕事に慣れてくると自分の文章力でも十分に単価が高い仕事が出来ると次第に分かってきますよ。

タイピングスピードを徹底的に速める努力をする 


文章を書くということはタイピングで仕事をするということになります。よってタイピングスピードが速くないと時給が非常に悪くなってしまい時間ばかりがかかってしまいます。

ライターの仕事をする場合には是非ともタイピングスピードを速める訓練が必要となってきます。私の場合ですと500文字ならば3分ぐらいで書くことが出来ます。500文字を3分で書くことが出来るようになれば時給が1000円ぐらいにアップする可能性が高く、是非ともタイピングスピードを速めるために練習してください。

音声ライティングを検討する


またタイピングスピードに自信がない人のためには音声ライティングと言うツールが存在します。音声ライティングは話していれば自然に文章を書くことが出来る非常に優れたツールです。

 google の音声認識が利用出来ますので 、google ドキュメントで音声ライティングを体験してみてもらいたいと思います。文字の認識率も非常に高くなっていますので、ほとんどミスすることなく話して文字を書くことが出来るのです。

もしタイピングでライターの仕事に行き詰まった場合には、音声ライティング行えば今までの何分の一の労力で仕事をこなすことが出来るようになってきますよ。

私の場合だと音声ライティングを使い始めて時給が1500円ぐらいにアップしました。それまでは時給が800円ぐらいしかありませんでしたが、本当に音声ライティングを使ってものすごい効果を実感することが出来たのです。

毎日継続して書き続けることが重要


とにかくライターの仕事は根気強く仕事をしなければなかなか報酬につながりませんので、毎日きちんと書き続けることが重要となってきます。少ない報酬の積み重ねが最終的に1ヶ月の給料となってきます。

継続性に不安がある人にとってはライターの仕事は全く向いていません。コツコツと積み重ねていく努力があって初めてまとまった給料を手にすることが出来るのです。


時間の管理をしっかりして毎日決まった仕事を継続してやり続ける


またライターの仕事は時間管理をしっかり行っていないと途中で投げ出してしまう可能性が高くなります。朝の決まった時間に仕事をするようにすれば、きちんと時間も取ることが出来ますので時間管理をしっかり行ってください。

私の場合だと朝4時半ぐらいに起きて朝の2時間を使って仕事をしています。毎日決まったボリュームの仕事をしていますので、3ヶ月もすればすぐに慣れてきますよ。

初心者のうちは仕事が辛いと感じる人も多いと思いますが、我慢して3ヶ月続けていくことが重要となってきます。仕事に慣れてくると無理なく当たり前のように仕事がこなせる日が来ます。

3ヶ月も仕事をすればだいたいどれくらい稼げるかが分かってくる


何事もインターネットの世界では3ヶ月継続すればものになってくると言われています。3ヶ月仕事をしていれば毎月どのぐらいの給料が稼げるが自然と体で理解出来ます。

10万円の毎月の収入を得るにはそれ相応の努力をしないと無理だと言わざるを得ません。自宅で暇な時間に仕事が出来るのがライターの仕事ですのでこ、んな夢のような仕事がそうそう簡単に出来るわけではありません。

一度ライターの仕事で生計を立てていくと決めたら、3ヶ月一生懸命頑張ってみることが重要です。途中で諦めてしまえばせっかく今まで築き上げたものが水の泡になってしまいますよ。

最終的に毎月10万円稼ぐためには


私の場合は500文字の単価が200円の仕事を1日15記事ぐらい書いていました。仕事時間は3時間程度ですこれで、毎月10万円の収入を得ることが出来ていたのです。

クラウドソーシングでもこのような案件を探せば見つかる場合もありますし、基本的に契約する仕事を受注すれば将来的には単価がアップする可能性も高くなってきます。

タスク作業の仕事をしていてはなかなか単価が高い仕事にあり付くことは出来ませんので、是非個別の契約をして仕事を行うようにして下さい。実績を上げていけば単価も上がっていきますので最終的には月10万円ぐらい稼ぐことは出来ると思いますよ。

クラウドソーシングで成功しているライターの人の特徴に、同じ仕事を長期的に続けクライアントさんとの信頼関係を築き単価アップを勝ち取っている人が多いです。中には1文字1円で仕事をしている人もいますので、是非クライアントさんと信頼関係を結んでください。

クライアントさんに有能なライターだと認めてもらうことができれば単価アップを承認してくれる人もたくさんいます。

それではライターの副業を頑張って幸せな人生を築いていってくださいね。私もこれからライターとして頑張って仕事をしていきたいと思います。