2017年2月18日土曜日

インターネットがあれば新聞なんて取らなくて良いです

新聞はもう取る必要はないかもしれません

新聞よりもインターネットです


昔から新聞を読むということは、なんだかインテリの雰囲気がして多くの人は毎日新聞を読んでいました。現在でも新聞読んでる人は多くいますが、若い人の間では新聞を読む代わりにインターネットで情報収集をしていたりニュースを見たりしています。


新聞は約3000円ぐらい毎月かかりますので、そのお金というものは非常にもったいないお金になってしまいます。インターネットを利用すれば無料でニュースを見たり情報収集はできますので新聞代を払うお金は必要なくなります。

社会人ならが新聞を読んで当たり前であるという風潮が以前から強くはありましたが、平成の世の中ではそのようなことは必要ないです。インターネットで全てを知ることができる現在の時代の中で新聞の価値は比較的低くなって当たり前だと思います。

私の情報収集とニュースの見方


私は毎日朝6時頃からニュース番組を2時間ぐらい見ています。ニュース番組で気になった部分をインターネットで調べて情報収集を行っています。あまり必要がないと思ったニュースはほとんど調べることもありません。

新聞を読むことは全くありませんし、インターネットとテレビだけで全て事足ります。情報番組でざっくりとニュースの概要を知り興味のあるものをインターネットで調べる方法をとっています。これだけでほとんど世の中の流れや昨日起こったことを知ることができますので、全く問題がなく情報収集を行えるのです。

活字離れが深刻化していると多くの人たちが警告を発していますが、それほど問題視するようなことではなく、自分の最も理想的な方法で情報を知ることが大切です。新聞を読むのは非常に時間もかかりますしお金もかかりますので、それらにお金を使うということはメリットがあまりないことになります。

インターネットの世界は何もかも無料になる


インターネットの世界は多くの情報や知識サービスが無料で提供されています。インターネットの外の世界ではある程度のお金を払わないとそれらを利用することはできませんが、インターネットは無料の世界がとても広く広がっており、何もかもが無料で手に入る可能性が高いのです。

料理のレシピや専門的な知識でも簡単に検索エンジンで検索できることから、今の時代お金を使うということがもはや馬鹿らしい時代となっています。ニュースでも yahoo ニュースや google ニュースを有効活用すれば情報収集するのにそれほど時間はかかりません。

詳しい情報が知りたければ検索エンジンで検索していくらでも詳しい情報を知ることもできますので、新聞を取らないということが自分の人生でマイナスになることはほとんどありません。

これからは電脳の世界が全てを提供するようになる


最近ではインターネットを使って買い物をする人たちも増えていますしネットの世界で何もかも事が足りる時代となっています。書籍を買うのでもアマゾンを利用する人たちが非常に多く、しかも非常に安い金額でサービスを受けることができます。

無料であるということに関してなんだか価値がないと思ってしまう場合もあると思いますが、無料だからといってレベルが低かったり価値が全くなかったりすることはないのです。無料のものを有効活用しながら毎日の生活の中で得をしていくということは、これは21世紀の時代の流れかもしれません。

最後に


道楽生活や田舎生活を若者が行っていくためには、やはりお金をどれだけ減らして生活していくかが最大の問題となってきます。新聞なんて取っている人は無駄なお金を使っているということで、新聞代を節約してお金を節約するということは必要だと思います。

もし本当に新聞が読みたければ図書館に行ったり飲食店で新聞を読めば良いだけの話です。病院に行っても新聞を置いていますし、読みたい時にはそのような場所で新聞を読んで下さい。インターネットの世界はあらゆる情報が集まっていますので、本当にメリットが高く無料で最高のサービスを提供してくれますよ。