2017年2月16日木曜日

【人と比較するのは馬鹿らしい!】こうすれば人と比べないで済みますよ

人と比べる人がなんと多いことか


人と比較しないで自由な人生を


大昔から人間の悩みといえば、人が持っているものを持っていなかったり、人よりも勉強が出来なかったりスポーツが出来なかったりすることであります。また大人になるとお金を稼げないということで人と比べて不幸になる人たちも非常に多くいます。


どうしても人間というものは、人と比較をして自分が幸せかどうかを判断するように出来ていますので、この価値観から抜け出さないと一生人と競争しながら生きていかないといけないことになります。

なぜ人間は人と比べるのか?


人間というものは、自分で目標や目的を決めてそれに向かって頑張っているときは人と比べることはそれほどありませんが、自分のやっていることが全くうまくいかなくなった時にどうしても人と比べて優越感を持とうとしてしまいます。

自分で幸せになることが出来る人はあまり多くはいないかもしれませんが、それでも自分で幸せになる努力をしないとどうしても人と比較をして満足しようとするのです。

弱者の人が、どうしても人と自分を比べてしまう悩みの世界に落ちてしまう人が多くいます。やはり人間は弱い生き物ですので人に頼って生きていることの証かもしれませんね。

自分で何がしたいのかはっきりと決めておく


人と比較して悩まないようにするためには、自分が毎日行っていくことを予め自分で決めておかなければなりません。これが不安定であればどうしても自分に自信を持つことができず悩みの種となってしまいます。

きちんと自分の課題や目標を毎日クリアしていけば、それほど悩む問題は出てこないことになります。毎日することをきちんと決めておきそれを欠かさず行うことで、人と比べながら生きていく人生からおさらばできるのです。

道楽の世界でも毎日自分がすることを必ず決めておくことで、安定した生活を手に入れることができます。毎日不安定に生きている状態であると、道の世界から転がり落ちてしまう可能性も高くなってしまいますので、必ず毎日することを決めておいてください。

自分が納得すればそれで良いと割り切ること


世の中には年収で1億円稼いでる人もいれば、300万円の人も存在します。年収が低い人が年収が高い人と比べて苦しんでしまうということは当たり前かもしれませんが、それは非常に愚かなことです。

自分の能力や価値観や人格であれば、今のもらっている給料は少なくてもしょうがないとある程度割り切ることも必要であります。お金だけが人生ではありませんので、その他の楽しみを見つけて幸せに暮らすことも十分可能です。人と比べてお金が多いとか少ないとかで判断するということは馬鹿らしいことかもしれません。

自分は自分らしく生きているのですから、給料が少ないという現実を悲観するということは自分を否定していることにもなります。自分らしい生き方をするのに多くのお金が必要だとは限らないということです。

自分は自分で他人は他人であることを自覚すること


自分というものは自我を持っている自分だけの存在であり、他人とはまったく違っています。自分と他人を混同してしまえばどうしても悩みの世界に入ってしまいますので、自分を強く持って自分は自分であると自覚することが重要です。

他人は他人の人生を生きていますので、自分がどうのこうの考える必要はそれほどなく、自分は自分の人生に自信を持って生きていけば良いのです。お金儲けが得意な人もいれば趣味が得意な人もいます。自分で何かをするのが得意な人もいれば他人と協調して生きている人もいます。人それぞれ性格や人格は異なっていますので、それほど他人と比べて悩む必要もありません。

自分がやっていることや考えていることにそれほど否定的になる必要はなく、自分はこのような人間であるとはっきりと自覚して納得して生きていきましょう。あれこれ思い悩むことは不幸の始まりですので、それほど真剣に考える必要はないかもしれません。

人生の目的は楽に幸せに生きること


若い人間というものはどうしても多くのお金を手に入れたいといつも思っていると思いますが、人生の最終的な目的というものは楽で幸せな人生を形成することにあります。多くのお金を稼いでる人が楽で幸せな人生を歩んでいるのかと言うとそれは少し疑問が残ると思います。

今の自分が楽で幸せであるかどうかということに関して、自分にある程度の自信があるのならばその人生を継続していけば良いだけの話です。人がどうであるかということはそれほど問題ではありません。自分の理想の人生を歩むためにも、自分の目的意識をしっかり持って生活していかなければなりません。人に振り回される必要は全くないのです。

後は人の期待に応えようとして無謀な努力だとか無理な努力をしないことです。自分には自分に適した仕事がありますので、自分が最も幸せで働くことができる仕事に就くことが理想です。親の期待だとか社会の期待に答えようとして苦しい人生送るということは馬鹿げていると思います。

最終的にはきちんと自分で生き方として自立しているかどうかが重要になってきますので、自立していない弱者というものはどうしても他人と比べて苦しむ人生を送る場合が多いのです。自分の考えをきちんと守って毎日安定して生きていくことが重要ですね。

最後に


人間は世界中で60億人いると言われています。国によっても違いますし地域によっても違ってきます。日本でも東京で住んでいる人と田舎で住んでいる人は考え方も価値観も全く違う場合が多いです。よってそれほど人に影響を受けなければいけないということはありません。

自分であるということにある程度自信を持って生きていけば良いのです。他人のことを考えすぎて自分の人生をめちゃくちゃにする必要はありません。自分らしく自信を持って生きていけば、人と比較する苦しみから解放されることは確実ですよ 。