2017年2月23日木曜日

【ライターの生命線!】確実にタイピングスピードを上げる15のコツ

はじめに


タイピングスピードはライターの生命線


多くの皆さんがライターの副業や在宅ワークを行っていると思います。ライターの仕事は文章を書く仕事でありますので、タイピングのスピードが生命線となってきます。

タイピングスピードを飛躍的に上げるためには一体どのような練習や訓練をしなければいけないと思いますが?


この記事ではライターである私が身につけた、タイピングスキルのテクニックとコツを紹介したいと思います。

基本的なノウハウが非常に多くなると思いますが、タイピングは基本がしっかりしていなければなかなか上達することはありません。毎日の努力の積み重ねがレベルの高いタイピングを実現していきます。

それでは見ていきましょう!

ライターの仕事はタイピングスキルに全てがかかっています


初心者の人のタイピングは500文字を書くのに20分ぐらいかかってしまう人が多く、これではなかなかライターの案件を素早くこなしていくことが出来ません。

ライターの仕事は時給で計算する職業でありますので、タイピングが遅いということは命取りになるのです。タイピングスピードが倍に速まれば当然時給も倍近くになってきますので、タイピングスピードを上げるということは収入を増やすということに他なりません。

暇があればタイピングソフトで練習をするのが重要です


タイピングの練習はとにかく暇な時間にコツコツと練習をすることに限ります。まとまって練習するよりは、スキマ時間をうまく有効活用して継続的に練習するのが最も理想的です。

タイピングスキルはタイピングをすることに慣れるということが全てでありますので、練習すれば練習するだけ当然上達していきます。しかし基本をしっかり押さえた上で練習しないとなかなか効率が上がりません。

間違った練習方法を取り入れてしまいますと、普通の人よりも成長するのが遅くなかなか成果が上がらなくなってしまいます。きちんとした練習方法で練習することが重要なのです。

タイピングソフトは無料のもので十分です


多くの人はタイピングのスピードを上げるためにタイピングソフトを利用していると思いますが、有料のものもあれば無料のものもあります。

インターネットで検索すれば無料のタイピングソフトがいくらでもダウンロード出来ます。無料の物で十分ですので、まずは無料のタイピングソフトをダウンロードして使用してみてください。

お金に余裕のある方は有料のタイピングソフトを購入すればよいですが、初めのうちは無料の物で基本は十分身につけることが出来ます。無料のソフトでも高性能なソフトもありますのでぜひ検索して探してみてください。

タイピングソフトはゲーム性のあるものを選ぶ 


タイピングの練習というものは単調な作業の繰り返しですので、結構飽きがきてしまいます。これを解決するにはある程度ゲーム性のあるタイピングソフトを使ってみることが重要です。

ゲーム性のあるものならば、練習するのがとても楽しくなってきますので、ゲーム感覚でタイピングのスキルを身につけることが出来るでしょう。

私も経験していますが、単調なタイピングソフトというものはすぐにやる気がなくなってしまい、継続的に練習することが難しくなってきます。少しでもゲーム的なソフトを利用すれば長く楽しんでタイピングの練習が出来ますよ。

目標を達成することの面白さ


タイピングソフトは最終的に点数が表示される場合が多く、自分のレベルを数字で判断することが可能です。この数字を上げていくことは、テストの点数が上がっていくことと同じような感覚で非常にやりがいが出てきます。

目標を全く持つことなく練習するということは、やっていて楽しくなくなってきますので、是非自分でしっかりと何点を取るか目標を持ってタイピングソフトで練習してみてください。

最高得点が出た時のあの感覚というものは本当に最高の快感です。長く継続するには楽しくなくてはほとんど無理がありますので、楽しみながらタイピングソフトで練習を行ってください。自然とタイピングスピードが上がっていきますよ。

ブラインドタッチは当たり前のスキルです 


ブラインドタッチは必須です


練習をしていてぶち当たる壁というものがブラインドタッチのスキルです。キーボードを全く見ずにタイピングしていくのがブラインドタッチですので、この技術を習得すればタイピングスピードは飛躍的にアップしていきます。

ブラインドタッチの部分でうまくタイピングが出来ない人が続出していますが、この壁を越えることで圧倒的に速いタイピングスピードを身につけることが出来るようになるでしょう 。

ライターの仕事をする上でも、ブラインドタッチは最低限の必須スキルでありますので、この壁を絶対に努力して越えてください。ブラインドタッチが出来ると本当にタイピングが楽しくなってくることは確実です 。


緊張しすぎて手首が固まらないこと


タイピングが上手く上達しない人の特徴に、あまりにもタイピングする時に緊張しすぎて手首が固まってしまっている人が非常に多くいます。

タイピングは体をリラックスして指先が素早く動くようにしなければなりません。それには緊張していては絶対無理がありますので、リラックスした状態で練習すればタイピングスピードは向上していきますよ。

ある程度中級者の壁を越えていけば、自然にリラックスしながらタイピングが出来るようになってきます。初心者の時は頭で考えてしまい、指先が自然に動かなくなってしまいます。練習をすればこのような状態から抜け出すことが出来るので、初心者の時は我慢してでも練習することが大切です 。

自分に合った最適なキーボードを使うこと


これは非常に重要な部分ですが、自分が使っているキーボードが自分に合っているかどうか調べてみる必要があります。キーボードが自分に合っていないと、タイピングスピードは落ちてしまいますので、新しいキーボードを購入することを考えてみてください。

キーボードを押したときに、柔らかいキーボードや硬いキーボードがあります。自分がどちらのキーボードに合っているかどうか体験しないといけません。

ライターの仕事を本格的に始めたいならば、3つぐらいのキーボードを試してみて自分に最良のキーボードを探すということはとても重要になってきます。

ノートブックのパソコンを使っている人でも、一般的なデスクトップのキーボードをUSBで繋いで使用することが出来ます。私の場合もノートブックのキーボードは全く使っていません。デスクトップの販売されているキーボードを購入して使っています 。

Google 日本語入力を使うこと 


Windows には初めから windows の文字入力が入っていますが、最近のライターの業界ではgoogle の日本語入力を使うのが一般的になっています。 google の日本語入力は非常に文字変換精度が高く、ミスが少ないタイピングが出来ますので是非利用して欲しいと思います。

Google はインターネットの覇者でありますので、インターネットから情報を収集して日本語入力をする上で文字の変換率の精度が飛躍的に高いのがが特徴です。市販の日本語入力ソフトもあるんですが、 google 日本語入力で十分すぎるほどのメリットを得ることが出来ます。

また google 日本語入力は非常に軽いので、文字を打つ時にストレスがほとんどありません。使っていて非常に使いやすく性能も高いのでぜひ利用してください 。

初めのうちは速く打とうとせずミスのないタイピングを心がけてください


まだまだタイピングスピードが遅い人は、速い文章を打つ必要はなくゆっくりと的確な文章を打つことに集中してみてください。スピードばかりを追い求めるとどうしてもミスが頻発してくるようになりますので、非常に効率が悪くなるのが特徴です。

ミスのない文章をゆっくりと打つことができた後で、スピードを求めていくことが重要となってきます。まずは基礎をしっかり固めそれから徐々にスピードアップを心がけてください。

苦手な文字を徹底的に練習してください


タイピングの練習をしていく中で、自分の苦手な文字が絶対に出てきます。その時にその文字を中途半端にせず徹底的にミスのないブラインドタッチが出来るまで練習をこなすことが重要です。

基礎の練習をおろそかにしてライターの仕事をしていると、いつも決まって同じところでミスが出てしまいます。基礎の練習をしっかりと行うことでこれらの問題をクリア出来ますので、絶対に苦手な文字を徹底的に反復練習していくことが重要となってきます。

頭の中の思考が自然とタイピングで文章に出来る技術が重要です


これはタイピングの練習の中であまり必要ではないかもしれませんが、ライターの仕事をする中で自分の思考をすぐにタイピングで文章に出来るということはとても重要なことであります。

ブログの記事を書いていれば非常に良く分かると思いますが、自分の考えていることをすぐに文章にする能力は非常にライターとして重要な資質となってきます。

タイピングの練習をするのと一緒に、自分の考えや思いをすぐに文章にする練習を心がけてください。これができればライターの仕事が非常に捗りますので、やっていて損はありません。

簡潔な文章を書くように心がけてください


ライターの仕事というものは、小難しい文章を書くことではなく分かりやすくて簡潔な文章を書く能力が求められてきます。難解な文章を書くのはライターの仕事としては適切ではありません。

中学生や高校生でも、十分理解出来る文章を書くのがとても重要なのです。ライターは物書きの仕事ではありますが、インターネットで募集される案件というものはほとんど簡潔な文章を求める仕事が多いのです。

とにかく練習量が全てです


タイピングの練習は一にも二にも練習することが全てです。自分が練習した分だけスキルがアップしていきますので、練習をしなければいつまでたってもタイピングスピードは遅いままです。

毎日の積み重ねが大切ですので、暇な時間を見つけてコツコツと訓練を積み重ねてください。数年経てばあなたもライターの仕事をする上で十分すぎるほどのタイピングスピードを身につけているでしょう。

500文字の文章を5分ぐらいで書いてしまうぐらいのスピードがあれば、ライターの仕事は結構お金儲けになる仕事になってきますので、ぜひ将来の夢を持って練習に励んでください。

まずは目標を決めて目標を達成する喜びを味わってください


もしなかなか上達しない人がいるならば、それは目標設定をしっかりと持っていないことが原因のひとつだと考えられます。

タイピングソフトならば目標の点数を設定して、それをクリアしていく楽しみを持てばいくらでも楽しみながら練習が出来ますよ。

目標がないままダラダラ練習を続けていてもなかなかスキルがアップしていかないので、ぜひ目標設定をしっかり持って目標をクリアする楽しみを持ちながら練習してくださいね。

タイピングが早ければ時給は比例して上昇する


私の場合だと500文字の文章ならばわずか4分ぐらいで書くことが出来ます。初心者の頃は500文字の文章を書くのにも20分くらいの時間が必要となっていました。

ライティングの仕事をしている中でも、初心者の頃は時給400円ぐらいしかなりませんでしたので、本当に辛い時期が沢山あったのです。現在では私は時給1500円ぐらいで仕事をしています。これもタイピングの練習の賜物だと言うわけです。

ミスのない文章が打てれば文章校正時間が短縮する


またミスの無い文章を的確に打てるようになれば、文章を書いた後に文章校正の時間を圧倒的に短縮することが出来ます。そうなれば仕事も素早くこなすことが出来るようになりますので、仕事のスピードが圧倒的に速まって来るのです。

是非ミスのないタイピングを習得してライターの仕事で成功を収めて欲しいと思います。タイピングスピードが速くなりミスが少ないタイピングが出来るようになると、結構なお金儲けにもなりますよ。是非未来に夢を持ってしっかりと練習に励んでくださいね。

最後に


私は現在ライターの仕事をしながら月10万円近くのお金を稼げるようになりました。これにはものすごい継続的な努力が必要であったわけですが、初めのうちはタイピングスピードが非常に遅くミスもとても多かったのでなかなかお金になりませんでした。

タイピングが上達すると、今まで苦労してきた仕事が何分の一の労力しかかからなくなり、本当に楽になったのです。

現在ではほとんどミスをすることなく文章を書くことが出来ますので、ライターの仕事もほとんどストレスなくこなすことが出来るようになっています。是非皆さんもタイピング練習をしっかり行って的確で確実な文章を書くようにしてください頑張ってくださいね。